がんのはなし

入院の「共同部屋」と「個室」のメリット・デメリットを紹介

私が入院するとき悩んだ一つが「共同部屋」にするか「個室」にするかの選択・・・

そりゃあ個室の方が静かで人目も気にならずに快適に過ごせるはず!

・・・と思ったけど、立ちはだかる差額ベッド代。゚゜。えー(⊃´Д`⊂)ーん。゜゚。

差額ベッド代を支払ってでも一人空間を手に入れるべきか悩む方は他にもいらっしゃるはず・・・!!

ということで、メリット・デメリットは簡潔に動画にまとめてみました!

ナレーションはもちろん私です!笑

入院時の「共同部屋」と「個室」のメリット・デメリットを動画でお届け!

簡潔すぎて内容が薄い気もしますが・・・(;^ω^)

良かったら再生してみてください。

↓に動画の内容とその補足についても書いておきますので文字だけで読み進めたい方はこのままスクロールをお願いします!

共同部屋のメリット

私が思う共同部屋の主なメリットはこちら!

  • 差額ベッド代がかからない!
  • 1人じゃないので寂しくない!
  • 同じ手術をした人がいると術後の様子やアドバイスなど情報をもらえる!

差額ベッド代がかからない!

なんと言っても差額ベッド代がかからないのは大きい!

私が入院した病院は安くても1日13,600円かかる個室だったので、10日入院日したら部屋代だけで10万超えなんてことも・・・ガクガク((;OдO))ブルブル

ちなみに差額ベッド代は高額療養費制度適用外!完全自己負担です!

1人じゃないので寂しくない!

そして個室に比べると当然賑やかになります。

コロナ禍のため外部からの人の出入りはあまりなかったし、部屋内の交流もなかったんですが、看護師さんの出入りもありますし、人がいれば生活音はします。

私の場合、入院当日と翌日までは同部屋に

「私はコミュニケーションの塊だからね!」

というスーパーマダムがいらっしゃったので良い意味で賑やかに、楽しく過ごせていました!

同じ手術をした人がいると術後の様子やアドバイスなど情報をもらえる!

共同部屋の最大のメリットだなと思ったのが「同じ手術をした人がいると情報をもらえること」です!

↑のコミュ力マダムがなんと私と同じ手術を先に受けていて、その術後の様子やアドバイスをいただけたんです!

この時の手術が『右乳房全摘同時再建(左大腿皮弁法)』というもので、

手術時間が約10時間くらいのなかなかの大手術で、

「麻酔から目が覚めたら体がガクガク震えるけどすぐ治まるから心配しなくていいからね!」

と初耳の情報を。

そして実際に目が覚めた後にびっくりするほどガクガク震えました。

その様子を見ていた親曰く「今喋らせたら舌噛みそう・・・」と話しかけるのを止めたほどでした笑

本当にその情報をマダムから貰っていなかったらパニックで泣いていたと思います笑

ほんとビックリするほど震えて(痙攣レベル)ました。

他にもマダムから

「HCU(手術後に入る部屋)は乾燥してるから飴があるといいわよ!」

とアドバイスもいただき、親に買ってきてもらって舐めていました。

HCUに限らず、病室は乾燥してるので乾燥対策をオススメします!

あと全身麻酔をした際に何か器具を喉に入れられるようで喉が傷つくそうです。

イガイガするような感じで、淡も出てました。

飴はあって助かりました!

思わぬ情報をもらえることは人と交流が多い共同部屋ならではのメリットかと思います。

コミュ力マダム本当にありがとうございました!!!

共同部屋のデメリット

次に共同部屋の主なデメリットをご紹介。

  • 他人と一緒なので気を遣う
  • シャワーやトイレも共同なので自分のペースで使えない(シャワーは使用の時間制限がある)
  • スペースが狭い
  • 同室の方の病状によっては夜間に看護師さんの出入りが多くなり物音がする

他人と一緒なので気を遣う

やはり他人と同じ空間で朝から晩まで過ごしていれば気を遣う瞬間は訪れます。

歯磨きをする際に手洗い場を使うのですが、それも周りを見ながら使ってない、使わなさそうな時に使ったり、

夜中にトイレへ行く際や眠れなくて寝返りを打つ際もなるべく静かに動いたりと気は使いますね・・・。

シャワーやトイレも共同なので自分のペースで使えない

そしてけっこう辛かったのはシャワーの時間制限。

個室ならトイレ・シャワーが室内にあるので時間を気にせずに使えるのですが、共同部屋の場合は共同のシャワー室を使うことになります。

1人40分で予約制だったので、自分の後に誰か予約が入っていると「急いで出なければ!」とゆっくりできませんでした・・・。

しかもこれを術後の体でもしなければならないので、痛みに耐えながらテキパキと体を洗わねばなりません・・・。

せめて1時間欲しい・・・

スペースが狭い

そして当たり前ですがスペースが個室に比べて狭いです。

ベッド上とロッカーとその周辺くらい。

でも基本元気じゃないので狭くても大丈夫です笑

同室の方の病状によっては夜間に看護師さんの出入りが多くなり物音がする

そして夜間の寝付けない問題。

病院の就寝時間は早く、しかも慣れない場所だからかなかなか寝付けませんでした。

やっとウトウトしてきたなと思ったら看護師さんの夜間の見回りの音だったり、

同室の方の検査だったりで眠気が飛ぶという・・・。

でもこれは仕方ないことです。

夜眠れないなら昼寝ればいいんです。だって何もすることないから笑

個室のメリット

次は個室の主なメリット!

  • 1人空間で快適!
  • シャワー・トイレが自分専用で使いたいときに使える!(物も置きっぱなしにできる!)
  • 荷物を置くスペースも広々!
  • 時間を気にせず物をしまったり出したりできる!

1人空間で快適!

やっぱり一人空間は快適です!

物も机の上に出しっぱなしでいても気になりません!笑

シャワー・トイレが自分専用で使いたいときに使える!

そしてシャワーとトイレが自分専用って嬉しい!!

入りたいときにシャワーができるのはストレスがなくて良いです!

共同部屋の時の40分の時間制限がちょっとストレスでした。

荷物を置くスペースも広々!

ロッカーは共同部屋と同じ大きさなので収容量は変わらないのですが、

私が入院していた個室には応接室にあるような机と椅子があって、その机にぬりえの道具を出しっぱなしにしていました!笑

共同部屋だとベッド上の机とテレビ台くらいで、ベッド上の机は食事でも使うので物の出しっぱなしはあまりできませんし、看護師さんや主治医がちょくちょく来るので散らかしていると恥ずかしいですしね笑

時間を気にせず物をしまったり出したりできる!

そして早朝や就寝後にふと物をしまったり出したりしたくなった時も周りに気にせず出し入れができます。

シーンとしているとチャックの開閉音だけでも妙に目立ちますからね。

でもこれは単純に起床時間中にやればいいだけなので、注視する必要はないかもしれませんね笑

非推奨:就寝後にテレビやスマホを見ても迷惑をかけない

あとこれはあまり推奨できませんが、就寝時間後にテレビを見たり、スマホをいじったりしてても迷惑をかけません。

病院の就寝時間って早いのでなかなか眠れません・・・。

ついついテレビやスマホを見てしまいます(;^ω^)

就寝時間後は就寝しましょう!(でもまったく眠れない笑)

個室のデメリット

最後に個室のデメリットを。

  • 差額ベッド代がかかる
  • すごく静か
  • 広い割にその広さを堪能できない

差額ベッド代がかかる

先ほども書きましたが、なんといってもお金です!笑

差額ベッド代がめちゃくちゃ高い!!

基本自費になるので高額療養費制度適用外、しかも医療費控除の適用外となります。

つまり全額自己負担となります。

1部屋1泊1万円以上はすると思うので、×(かける)入院日分。

大きな手術をする入院だと10日も入院すれば部屋代だけで10万円です・・・。

私は、初回の抗がん剤投与の入院が2泊3日と入院期間が短く済むと聞いたので贅沢しようと個室を利用しましたが

1部屋1日13,600円

それが3日分(入院した病院は、朝10時まで部屋を使ったら1日使ったとみなされるため3日分利用したことになるとのこと)

13,600円×3日=40,800円!

この時のお会計が高額療養費制度が適用されて9万円代だったので、約半分が部屋代となりました・・・。

ちなみに差額ベッド代は高額療養費制度・医療費控除の適用外!

すごく静か

そしてすごく静かです。

シーンとしてます笑

私の場合、コロナ禍の入院で面会も制限が掛かったり禁止だったりしたので余計に静かでしたね。

当然ながら病院なので騒いじゃ駄目です。

広い割にその広さを堪能できない

せっかく広いのにその広さが堪能できない場合もあります。

私は共同部屋に入院した時に乳房全摘同時再建(大腿皮弁法)をしたため、ベッドから動いてはいけない時間も多く、動いてもいいと言われてもトイレのみ移動可だったりと制限がかけられている期間もありました。

手術内容によってはそういうこともあります。

加えてコロナ禍で面会制限や禁止。

せっかく応接机と椅子があるのにただのオブジェです。

もったいなかったので自分で座りました笑

まとめ:個人的には共同部屋がオススメ

私はあまりコミュニケーション力があるわけでもないし、わいわいすることが好きなタイプでもありません。

朝から晩まで、しかも数日間他人と同じ空間で過ごすのにははじめは抵抗がありました。

でもいざ入院してみたらそんなにお互い必要以上に干渉することもなく(みんな手術を控えていたり、術後だったりしてキャッキャする気力はない)、

しかも同室の方はみんな良い方ばかり。

それにカーテンの閉め切りも可だったので視線が気になることもありませんでした。

基本みなさんカーテン締め切りでした。

あとやはり大きかったのが、あのコミュ力マダムとの出会い!

術後に体がガタガタ震えるなんて聞いてなかったから、もしもマダムからの助言がなかったらパニックになって泣いてただろうなと・・・。

やはり救ってくれるのは人!

(陥れるのも人だけど!)

あまり金銭面で余裕がない&今後の治療費が不安な身としては、差額ベッド代はケチりたいところです。

どんなメリット・デメリットも私にとっては差額ベッド代というデメリットの前には歯が立ちませんでした笑

もちろん価値観はそれぞれですし、入院時は体も心も弱っている時なので

何が自分にとって譲れない点なのか考えて決めてくださいね!

今回も最後までご覧くださりありがとうございました!╰(*´︶`*)╯Thank you.♥