フリーランスのはなし PR

【freee会計】初心者個人事業主さんにオススメのクラウド会計ソフトをご紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「よーし!起業するぞー!」と意気込んだものの・・・

初心者
個人事業主さん

請求書の発行とか確定申告なんてはじめてで不安・・・

初心者
個人事業主さん

青色申告をしたいけど複式簿記なんてわからない

初心者
個人事業主さん

難しくてやる前から挫けそう!!

なんて不安に思っていませんか?
その不安、freee会計がまるっとサポートしてくれます!

\ freee会計の魅力はこんな感じ /

  • 請求書・見積書等はテンプレートがあるから安心!
  • 確定申告は〇✖形式でわかりやすい!
  • freeeから電子申告も可能!
  • 勘定科目を選ぶだけで複式簿記での記帳ができる!
  • スマホでも使えて隙間時間にパパっと作業可能!

簿記の知識があまりなくても会計作業が簡単にできちゃう優れもの、それが『freee会計』です。

ということで今回は、初心者個人事業主さんにオススメのクラウド会計ソフト『freee会計』についてご紹介します。

みさ

もちろん初心者さん以外にもオススメできる会計ソフトですよー!

freee会計とは?

freee会計とは、クラウド会計ソフトのこと。

簿記の知識に自信が無くても扱えるように作られているため、初心者個人事業主・フリーランスにもかなりオススメの会計ソフトです。

クラウド会計ソフトとは?
インターネット上で帳簿の記帳や請求書などの発行、確定申告などの会計業務を行うことができる会計ソフトのこと。

freee会計のメリットは?

では次に、私が実際に使って感じるfreee会計のメリットをご紹介します。

①会計作業がこれ1つでまるっとできる!

freee会計1つを契約するだけで

  • 日々の記帳
  • 確定申告(白色・青色申告も可)
  • 見積書・請求書・領収書の発行

といった会計作業がまるっとできちゃいます!

みさ

アレもコレも使わなくて良いのはラクでいい!

帳簿付けも

  • 銀行口座やクレジットカードを連携しておけば自動取得が可能
  • レシートや領収書の写真をアップロードすれば自動で読み取りが可能

と自動化でき、内容を確認して確定ボタンを押すだけで記帳が完了。
初心者さんでもなるべく迷うことなく扱えるように設計されているので安心です。

②簿記の知識に自信が無くても記帳や確定申告が可能!

簿記の知識に自信がなくても、勘定科目を選ぶだけで勝手に複式簿記で記帳してくれるので、初心者さんにはかなり心強いです。

複式簿記とは?
1つの取引を2つの方向から網羅的に記帳する方法。
資産増加を借方(左側)に記載し、資産減少を貸方(右側)に帳簿付けする。
青色申告をしたい場合は複式簿記での記帳が必須。

確定申告も〇✖形式で答えていき、数字を入力していけば簡単に作成が可能!
「何をどこに書いたら(入力したら)いいのかわからない!」といったことも防げます。

しかも電子申告もfreeeから可能!
郵送する手間も省けます。(もちろん郵送も可能です)

③スマホにも完全対応!隙間時間にパパっと操作可能!


私は基本PCで書類の発行などを行っているのですが、

  • PCを閉じたあとに「ちょっと金額を確認したいな」とか
  • 「(紙の)レシートをぐちゃぐちゃにする前に経費の記帳をしておこう」とか
  • 「カードリーダーなしで確定申告を電子申告したいな」とか

というときにスマホからも使えて便利だと感じています。
PCを起動して、ログインして・・・ってめんどくさいときもあるので(笑)

みさ

スマホだとパっと起動するから気軽にチェック・操作ができてストレスfreee~!


④インボイス・電子帳簿保存法に完全対応!

インボイスに対応した請求書の作成も可能

テンプレートがあるので、一から作成する必要がなく記載漏れなども防げて初心者さんにも心強い!

取引先からもらった書類をアップロードすればインボイスに対応した書類なのかも自動で判定できる機能もあるのでこちらも便利です。

ちなみにインボイスを発行する事業者は消費税申告も行わなければなりませんが、freee会計から消費税申告も可能です。(※スタンダード以上のプランが対象)

期間限定でスタータープランも消費税申告が可能に!
詳しくはこちらをチェック。

電子帳簿保存法にも完全対応

freee会計で作成した会計帳簿はそのまま電子で保管でOK!

要件を満たした会計ソフト(freee会計含む)で作成した仕訳帳や決算書などは紙で出力して保存する必要はなし!
作成したら紙に印字することなく、そのまま電子データで保管できるため保管場所に困らない!

紙でもらった書類はfreee会計で撮影&アップロードするだけでOK!

請求書や領収書(レシート)等の紙で受け取った書類はスマホで撮影し、freee会計のファイルボックスにアップロードするだけで電子帳簿保存法はクリア!

※電子帳簿保存法に必要な情報はアップロードした書類から自動取得してくれますが、金額や発行元等の情報が間違っていないかのチェックは必ずしましょう!
(自動取得できない情報がある場合は手動で入力する必要もあります。)

メールで受け取った電子書類はfreee会計へアップロードするだけでOK!

同じようにファイルボックスへアップロードするだけで電子帳簿保存法をクリア!

※こちらも書類の情報が間違っていないかの最終チェックはしっかり行いましょう。

ちなみに電子保存を開始するためには、社内のルール整備などの準備をすることが法令上求められています。
この社内ルールのテンプレートもfreeeが用意してくれているので、ダウンロードしてご自身に合わせて作成することも可能です。

みさ

社内ルールを決めるとか・・・freeeなかったら泣いてました(笑)

⑤解説が見やすい!

どうしても難しい言葉、たくさんの言葉で説明されがちな会計業務ですが、freeeではなるべく優しく、簡単に解説をしてくれています。

インボイスや電子帳簿保存法についても図解を入れて視覚的にかなりわかりやすく書かれているのでとっつきやすくてとても助かりました。
(※ブログやヘルプページは文字のみで書かれています。)

みさ

初めから文字だけで解説されると拒絶反応が起こるけど、イラストや図解いっぱいだと漫画を読んでいるようで把握しやすい!

おまけ:個人事業主向けの情報サイト『freee個人事業ポータル』も展開中!

2023年10月には個人事業を支える情報サイトの『freee個人事業ポータル』ができました。

こちらはfreee会計を契約しなくても閲覧は可能で、個人事業主に関わる情報をわかりやすく発信してくれています。

freee会計の使い方動画や開業手続きなどのレッスン動画なども発信されているため

  • freee会計の使い方がわからない・・・
  • freee会計ってどんなものか知ってから始めてみたい
  • 個人事業主向けの情報サイトが知りたい

といった方にピッタリなサイトとなっています。

freeeはfreee会計などの自社ソフトの解説以外にも、経理の基礎などの情報もたくさん発信してくれています。

初心者
個人事業主さん

事業を始めてみたいけど、経理とか確定申告とかわからん!笑


という方でもfreeeの記事を読んでいけば個人事業主に必要な知識がついてきます。
こちらのページにまとまっているので会計のお勉強に覗いてみてはいかがでしょうか。

freee会計のデメリットは?

次はデメリットのご紹介。
便利なfreeeですが、やはりデメリットを感じる部分もあります。

①料金が高め

個人的な1番のデメリットはコスト面。

他の有名な会計ソフトで「マネーフォワード」「弥生会計」がありますが、同じような機能を持つプランで比較するとfreeeは一番高くなります。(2023年12月時点)

freee(スタンダード):23,760円 / 年

マネーフォワード(パーソナル):11,760円/年

弥生会計(やよいの青色申告オンライン ベーシック)13,800円

「同じ機能ならコストの低い方が良い!」という方にはfreeeよりマネーフォワードや弥生会計の方が合っているかもしれません。

みさ

できることはほとんど横並びですからコスト面は気になっちゃいますね・・・

②クレジットカードの利用情報の取得にラグがある

実務的にちょっと困るのがクレジットカードの利用情報が反映されるのに時間がかかること。

というのも、クレジットカードの決済情報がfreee会計へ取り込まれるタイミングは、基本的に『その明細が確定状態となった以降』のため

みさ

記帳したいのに決済情報が反映されないぞ・・・!

となることもあり、レシートや領収書を早々にアップロードしても後日記帳することも多々あります。

しかし2023年11月より一部クレジットカード限定にはなりますが、未確定状態でもfreee会計へ明細が取得できるようになりました!

みさ

・・・とはいっても「その日のうちに反映」とはいかないので、多少日にちを置いてから記帳することになるのは変わりありません。

③仕様が独創的(らしい)

簿記知識がなくても簡単に扱えるようにしたためか、他の会計ソフトと比べて勝手が違うようです。

他の会計ソフトで慣れている人や簿記知識がある人からすると「逆に戸惑う・・・」といった声もあります。

みさ

私は全商簿記1級を持ってますが、特に戸惑ったことはないです

気になったら無料で試してみるのがオススメ!

初心者
個人事業主さん

オススメなのは分かったけど、実際に操作してから決められたなぁ・・・


という方も安心してください。
freee会計は全プラン無料でお試しすることができます!

しかもお試し期間を過ぎると自動的に無料プラン(一部機能の制限あり)に切り替わるので「解約するのを忘れて料金が発生してしまった・・・」ということもなく安心!

freee会計の使い方は『freee個人事業ポータル』にもあるので、こちらも覗いてみると参考になるかと思います。

みさ

百聞は一見に如かず。まずは自分で触って確かめてみるのが一番!

まとめ

やりたい仕事をするために起業したのに、会計作業に時間を取られるのはもったいないですよね。

freee会計を使えば

  • 記帳、確定申告、見積書・請求書などの書類作成もまるっとできる!
  • 簿記の知識に自信がなくても複式簿記での記帳が可能!
  • スマホからも操作ができる!
  • インボイスや電子帳簿保存法にも対応!
  • マニュアルが見やすい!

と、初心者個人事業主さんにとって強い味方になってくれます。

無料お試しもできるので、ご興味が湧いた方はアカウント登録をしてその便利さを体験してみてくださいね!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!╰(*´︶`*)╯Thank you.♥